朝日広告社

  • ごあいさつ
  • 朝日広告社とは
  • 私たちの力
  • 採用について
  • お問い合わせ
  • RECRUIT ともに100年を目指す力を募ります。

    キャリア採用
    現在は募集しておりません。
    新卒採用
    2018年新卒採用はエントリー受付終了しました。
    新卒採用については『マイナビ2019年度版』をご覧ください。

    信頼されている会社だから思いっきり挑戦できる

    中堅社員となり、会社の屋台骨を支える一員としての自覚が芽生えてきたと語るT.K.さん。 チャレンジ精神を忘れず成長を続けながら、若手のよき相談役としても活躍しています。

    朝日広告社の魅力を教えてください
    80年以上の歴史があり、先輩方が積み上げてきた会社としての信用は大きな強み。 新規で営業をかける際、私個人の前に会社として信頼されているので、スムーズに商談が進むこともよくあります。 会社の信用という安心感があるからこそ、自分のやりたいことに思い切ってチャレンジできていますね。 また、先輩、上司が知識や経験を惜しみなく教えてくれますし、壁にぶつかった時には親身にフォローしてもらえるので、 スキルアップする上で恵まれた環境です。
    業務を行う上で心がけていることをおしえてください
    クライアントに対しても、また広告を目にする一般の方に対しても誠実であることを意識しています。 経験を積んだからといって馴れ合いになることなく、クライアントの話をよく聞いて「想い」を共有することが大切。 営業は最終的には「人間力」の勝負です。広告はクライアントにとって自己表現のツールですから、 PR効果を上げるだけではなく、その広告をクライアント自身が気に入っているかも重要なポイント。 独りよがりな提案にならないよう、クライアントと二人三脚で歩んでいける関係づくりに気を配っています。
    今後の方向性と未来像を教えてください
    新聞広告だけでなく別媒体やセールスプロモーションの企画など、さまざまなことに挑戦して、 幅広いスキルを身につけたいと考えています。年間PR戦略の立案など、クライアントからプロモーションのことなら 全て任せてもらえるくらいに信頼してもらうことが今後の目標です。また、社歴が長くなるにつれて、 会社を支える存在にならねばという使命感も芽生えてきました。所属長と若手社員との橋渡し役も私の役割。 自分の仕事だけでなく全体を見渡しながら、若手へのアドバイスを行い、所属をまとめていきたいですね。
    一緒に働きたい後輩とは、どのような人でしょうか
    大変なことも含めて仕事を楽しみながら前向きに取り組める人ですね。 また、広告業界を知らないことを逆手にとった自由な発想は大切です。当社にはチャレンジを受け入れる土壌があり、 フォロー体制も整っているので、私たちから見れば多少無謀なことでも、やってみたいという意欲を積極的に ぶつけてきてほしいです。 先輩、後輩に関わらず、刺激を受けながら一緒に成長していけるようなエネルギー溢れる方に期待しています。

    中途採用にも働きやすい風通しのいい会社

    これまでの経歴と入社のきっかけを教えてください
    前職でも広告会社の営業として働いていましたが、ある程度決まったクライアントとの仕事が中心でした。 もっと多くのクライアントを相手にした、幅広い営業提案にチャレンジしてみたいと思ったのが転職のきっかけです。 当社は新聞広告をはじめとするいろいろなメディア広告、セールスプロモーションを幅広く手掛けており、 自分の希望と合致しました。
    業務を行う上で心がけていることは何ですか
    新規営業の場合こちらから積極的に提案しないと何も始まりませんが、かといってこちらの都合で 一方的に売り込んでも、なかなかうまくいくものではありません。"押しすぎない"のが私の営業スタイル。 多彩なツールを提案できることが当社の強みですから、まずはお客様の話をよく聞いて、会話のなかからニーズを探り、 お客様に最適な提案を行うことを大切にしています。初めての仕事で満足していただければ、 そこから次へと繋がるケースも多いもの。0から1へ、そして10へと仕事が広がるようにお客様との 信頼関係を構築していくことが、営業としての腕の見せ所です。
    現在の仕事内容を教えてください
    朝日新聞の広告提案を軸に、お客様のニーズに応じたさまざまな媒体を紹介しています。 まずは電話営業を中心に新規顧客を開拓。お客様から反応があり、具体的な提案をする段階では、 プランナーと相談することが多いですね。前職と比べて新しいお客様との出会いが多くなり、いつも新鮮な気持ちで 仕事に取り組めますし、人脈が広がっていくことにもやりがいを感じています。
    今後の目標やビジョンを教えてください
    「人と同じ提案しかできないのであれば、自分がやる意味がない」と思っているので、 私にしかできないオリジナルな提案をお客様にしていくことが、めざすべき営業像。 そのために、人と違う視点、固定概念にとらわれない考え方を常に意識しています。営業としてのスキルだけでなく、 クリエイティブなスキルを磨くこともこれからの目標。仕事を受注したあとはプランナーやデザイナーに任せて しまうのではなく、マルチプレーヤーとして一緒に企画や提案内容を考えていきたいですね。

    人一倍の好奇心と行動力で様々な仕事にチャレンジするS.S.さん。 デザインに、ディレクションに、多忙な日々を送りつつも常に新しいモノ・面白いコトを追求しています。

    入社のきっかけと現在の仕事内容について教えてください

    デザイン事務所を退職後、中途採用の募集に声を掛けて頂きました。少人数の制作会社とは違い、営業、総務、プランニング、 メディア、そして制作と社内に多くのネットワークが存在しており、様々な業務を経験する事があらゆる面で自身が成長できると感じ 入社を決意しました。入社後はグラフィックデザインを中心にイベント関連のツール制作、一部運営に携わるなど想像以上に多岐に わたる業務に取り組みました。現在は、社内での制作業務を行いつつ各案件に適した、主にクリエイティブに特化したディレクション を行っております。

    写真
    写真

    仕事で喜びを感じる瞬間はどんな時ですか

    クライアントからの要望、問題点をヒアリングし、「わくわくするような」プランの提案を行います。文字通りクライントから満足頂けた時に大きな喜びを感じます。更に、そのプランを実現化し、具体的な形になって世に発信、クライアントが希望した結果を残し、クライアントの存在が提案したプランによって認知された、イメージが変わった…という声を聞けた時が最も嬉しく思う瞬間です。

    業務を行う上で心がけていることは何ですか

    クライアントは常に新しい発想・切り口を求めています。言葉にならないクライアントのイメージを汲み取り、常にクライアントの 想像を超えるような提案を目指しています。また、ディレクション業務を行う場合、外部ブレーンとの強い連携は不可欠です。 クライアントの要望はもちろん最優先ですが、外部ブレーンの様々な思いを織りまぜながら、最もモチベーションの高い状態でプランを 提案して頂けるよう心がけています。

    写真

    メディアバイイングの仕事

    現在の仕事内容を教えてください
    新聞、TV、ラジオ、雑誌など、さまざまなメディアの広告スペースを買い付けるのが「メディアバイイング」の仕事。 営業が持ち帰ってきたクライアントの要望に沿ってスペースを確保することもあれば、当社が立案した企画をもとに 先に広告スペースを買い付けて、それから営業をかけていくこともあります。部署内で担当メディアを分けているので、 自分の専門分野に関してはスペシャリストとして、あらゆる情報を把握しておくことが大切。 情報は買い付けを左右する生命線と言えます。
    これまでの経歴と入社のきっかけを教えてください
    学生時代は都市計画に関する研究を専攻していましたが、就職活動を前に自分のやりたいことを深く考えた際、 業種を問わずいろいろな顧客と接点のもてる広告業界に魅力を感じました。入社後はプランナー、営業を経験後、 現在の部署に配属。メディアバイイングを担当して4年目を迎えます。異動のたびに新しい仕事を覚えていく ことは大変ですが、複数の職種を経験したことで、広告業界を立体的に見られるようになりましたね。
    一番やりがいを感じる時はどんな時ですか
    どのメディアにも広告枠には限りがあり、またそれぞれの枠には価格が設定されています。 営業が仕事を受注してきても、クライアントが希望する枠が埋まっていたり、価格が折り合わなかったりすれば、 せっかくのビジネスチャンスを逃すことに。各メディアの担当者と交渉を重ね、枠取りに成功した時が最高に嬉しいですね。 私自身かつては営業を経験していたので、仕事をとってくる大変さは身に染みて分かります。 そんな営業の頑張りに枠取りという形で応えることができるという点も、この仕事のやりがいです。
    業務を行う上で心がけていることは何ですか
    広告枠の買い付けはマニュアル通りに進める機械的作業ではなく、人対人の交渉が基本。 メディアの担当者と日頃から良好な関係を築いておくことが、いざ交渉を始める際に有効となります。 また、メディアバイイングの仕事は、クライアント、営業、メディアを繋ぐコーディネーターのようなもの。 ちょっとした誤解が大きな問題へと発展しかねないので、情報が正確に伝わるように、会話やメールの文面など、 細かな部分にも気を配っています。

    プランニングの仕事

    15年のキャリアのなかで、さまざまなプランニングに携わってきたO.K.さん。 「クライアントの想いに120%応える提案」が、譲れないポリシーです。

    これまでの経歴と現在の仕事内容について教えてください
    学生時代から想像力やアイデアを駆使してモノを創ることに興味があり、当社のクリエイティブな仕事内容に惹かれました。入社後は一貫して広告のプランニングを担当しています。プランナーは、クライアントの想いや悩みに応じた具体的なプロモーション戦略を提示するのが 主な仕事。どんなメディアを使って、どんな内容のプロモーションを、どのタイミングで実施すれば効果的なのかを クライアントに提案し、実際にカタチにしていくのが私たちの役割です。プランナー単独で仕事が完結することはなく、 営業、デザイナー、コピーライターなど多くの人との連携が欠かせません。
    転機となった仕事はありますか
    入社10年目に九州の自治体を全国に向けてPRする仕事を担当。単発のプロモーションではなく年間のPR戦略を 立てるというもので、これまで経験したなかでも一番大規模なプロジェクトでした。一つの仕事に長期間じっくりと 向き合う経験を通して、目の前の課題に集中するだけでなく、もっと広い視野でプランニングすることの大切さを実感。 その後の仕事ではより柔軟な発想で企画を練ることができるようになり、プランナーとしての幅が広がったと思います。
    業務を行う上で心がけていることは何ですか
    私たちの仕事は、一つひとつの案件でクライアントの業種も、求められる内容も異なります。 普段から何にでも興味をもって広く情報収集しておくことが、アイデアに繋がりますね。また、どんな仕事に対しても 「絶対にいいモノにする」という使命感がベースにあります。複数の案件が同時に進行することも多く、 効率よく作業を進めることは必要ですが、クオリティに関しては妥協しません。いろんなスタッフと協力しながら、 みんなでベストな提案をつくり上げていく一体感、そして、その提案が成果を上げクライアントから喜んでいただいた 時の達成感が、この仕事の醍醐味だと思います。

    若手にもチャンスがある朝日広告社。

    所属長として営業グループ全体を統括しているT.S.さん。スピード昇進を果たしたその陰には、 新人時代からの地道な努力や強い信念があります。

    現在の仕事内容について教えてください

    福岡支社営業部の所属長をしています。 営業担当者各人の売上げや進捗状況の管理、指導など全体を統括するのが主な役割です。 所属長として管理を任されるようになってから、自分のクライアントは徐々に部下に引き継いでいますが、 今でも取引金額の大きな数社は自分で担当。社内でのマネジメントをやりつつ、ほぼ毎日外に出てクライアントと 打ち合わせをしています。

    入社されて20年。ターニングポイントになった出来事はありますか

    入社4年目に新聞広告主体の部署から、広告全般を扱う部署へと異動。 それまでは与えられた広告枠に対して営業していましたが、自分で売るものを自由に提案できるようになりました。 新聞広告以外を扱うことに不慣れでしたし、正直最初は何を売れば良いのか戸惑いの連続。 今振り返ると一番忙しい日々でしたが、営業として幅を広げることができた期間です。 また、当時の所属長は仕事のやり方がスマートで、お客様からも社内の人間からも好かれる理想の上司。 その仕事ぶりを間近で見られたことは、同じ立場で部下の管理を任されるようになった今、大きな財産になっています。

    新人時代の思い出を教えてください

    今の新人と同じように、私も新聞広告の飛び込み営業が最初の仕事でした。お店や企業を1軒1軒訪問して回る日々。 広告業界と聞くと何となくスマートなイメージをもっていましたが、足を使って、 汗をかいて仕事をとってくることの大切さを学ぶことができました。初対面のお客様相手に営業をすることで、 コミュニケーションスキルが磨かれ、度胸もつきましたね。最初は金額の低い小さな枠しか売れなかったのが、 入社2年目くらいからまとまった金額の広告枠を受注できるようになり、成長を実感することができました。

    仕事を行う上で心がけていることを教えてください

    お客様に対しては1にも2にもスピードが命。問い合わせに対するレスポンス、進捗状況の小まめな報告など、 常にスピード感をもって仕事に取り組んできました。迅速な対応が信頼へと繋がり、おかげで10年15年とお付き合いが続く お客様もたくさんいます。所属長としては、部下に広告営業の楽しさをもっと伝えたいと考えています。 そのためには「やらされる仕事」ではなく「自分からやる仕事」を見つけることが大切。 一人ひとりの仕事ぶりを見ながら、自分の経験を踏まえて指導、サポートしていきたいですね。

    朝日広告社のキャリアステップ年表

    朝日広告社なら、世の中に影響を与える仕事ができる。

    これまでの経歴と現在の仕事内容を教えてください
    決められた物を売るのではなく自分のアイデアで勝負できる仕事に就きたいと考え、広告業界を志望。 現在所属する本社の営業2部は、新聞広告以外にもさまざまな媒体広告やイベントの企画運営など、 幅広いプロモーション活動を手掛ける自由度の高い部署です。まだ入社2年目なので新聞の新規広告募集が メイン業務ですが、イベント運営のサポートなども経験。お客様や社内のスタッフと打ち合わせを重ね、 ゼロから広告を完成させていく仕事はとても充実感があります。
    業務を行う上で心がけていることを教えてください
    広告営業はお客様の業種や会社の規模によって、直接社長と商談をすることもあれば広報担当者と 打ち合わせをすることもあり、年齢や役職などいろいろな人と接する機会の多い仕事です。 その人に応じたコミュニケーションのとり方を意識しています。どんなお客様からも好かれる性格の人や 、知識が豊富で理論的に営業戦略を立てられる人など、社内には尊敬できる先輩が多くいるので、 良い部分を取り入れてスキルアップを図っている最中。「Nさんと仕事がしたい」と、直接指名されるような 頼られる営業になることがこれからの目標です。

    タイムスケジュール

    中途社員に聞く朝日広告社のこと。

    他の業界を経験したからこそ感じる朝日広告社の魅力がありました。

    入社のきっかけを教えてください
    前職では、店舗のショーウィンドウの飾りつけやイベントステージなどの効果的な設営を提案する営業をしていました 。いつの頃からかその経験を通してセールスプロモーションを含めた広告全般に興味が出てきたのが転職のきっかけです。 広告業界でいくつか企業を検討しましたが、朝日広告社はバリエーション豊富な事業内容、人材育成に力を入れていると いう点に魅力を感じました。同じ営業でも広告は未知の世界だったので、自分がどう成長していけるのかをイメージ できるかが、企業選びの大きなポイントでしたね。
    山口支社に配属されてから、現在までの業務について教えてください
    入社直後の研修で広告業界の知識や仕事の流れを学んだ後、先輩社員の取引先に同行して現場を体験。 そこから徐々に独り立ちして、現在は新聞広告を中心に電話営業や訪問営業を行っています。 山口支社は本社や福岡支社に比べると人数が少ないので、チームワークは抜群。若手であっても戦力として 会社に貢献しているという充実感があります。当面の目標としては、先輩社員でも達成が困難な新聞の見開き 広告2ページを手掛けることです。
    前職も営業だったそうですが、仕事内容に違いはありますか
    前職はルート営業だったので、お客様を新規に開拓していくことは初めての経験でした。 初めのうちは戸惑うことばかりでしたが、いろいろな業種のお客様と接することができるので、苦労以上に楽しさを 感じています。幅広い知識や経験が身につく点も前職との違いですね。一方で、人と人との繋がりで仕事が成り立つ のはどの職種の営業も同じ。お客様から私という人間を信頼していただき、「Fさんが薦めるならやってみようか」 と言ってもらえた時には、営業として大きなやりがいを味わっています。
    業務を行う上で心がけていることはありますか
    新規のお客様を訪問する場合、うまくいかないことも多くあります。そこで落ち込んでいては何も生まれないので 、常に前向きな姿勢で仕事に取り組むようにしています。うまくいかなかった理由を考えて、次への反省材料にすることで 成長していけるものです。また、自分の考えをもって動くということも大切。上司から言われた通りにやるのではなく、 時には上司ともディスカッションしながら、自分なりの営業スタイルを構築している最中です。
    会社のサポート体制について教えてください
    入社年次の浅い若手社員で構成する勉強会が定期的に開かれており、具体的な成功事例から学ぶことができるので とても参考になっています。本社、支社の垣根を越えて同年代の仲間から刺激を受けられる機会があるのはありがたいですね。 また、上司からは「失敗はフォローするから思い切ってやれ」と言われています。 おかげで、失敗を恐れずチャレンジすることができますし、何かあった時に相談すると、こちらの意見を聞いた上で解決への 方向性を示してくれるので、心強い存在です。
    印刷する
    トップへもどる